5th fractal


明け方のブルーグレイ

夜も明けようとしているよ

輪郭の溶けた月に

彼女は戻って来ない、と

そんな予感を覚えた

 

忙しない日々は風のよう

休みなく吹き渡って

幸せになりたい、だとか

曖昧には想うけど

 

 My sweet home town

  ある夜誰かが歌ってた

  それは故郷を想う歌

 

 It's town where my heart will go

  心の帰りつく場所なんて

  僕にもいつか見つけ出せるかな

 

 

忘れていけばいいんだって

軽やかに人は云うけど

それじゃ例えばこの今日が

跡形もなくなるようで

 

止まった時間に置き去った

彼女との記憶さえも

手を取って歩いていくよ

仄明るい空の下

 

 My dear little girl

  ひとり憶えているのは

  どこか淋しい心地だけど

 

 She's waiting at rain's home

  君と抱えたその痛みまで

  僕は連れ出しゆけるのかな

 

 

ブルーグレイの夜明けに

色彩が目覚めていく

鮮やかな街が照らされたら

僕も顔を上げるよ

 

  My sweet home town

  ある夜誰かが歌ってた

  失くしたものと会える街

 

 It's town where my heart will go

  雨の辿り着くところで

  君とまた会うその日まで

 My sweet home

記憶の番人

雪に覆われたこの地にも

静かに朝が目を覚ます

今日の日付を書き記し

小さな歯車は動き出す

 

回り続ける記憶装置

僕は時を刻み続けている

 

 凍える時の彼方に残された

 この都市の記憶を守りゆく

 あの日の花の青さに紛れて

 君が忘れ去ってしまわないように

 

微睡むような淡い空

暮れた月日を含んでは

壊されていった追憶の

欠片が曖昧に降り積もる

 

回り続ける記憶装置

僕は過去を宿し続けている

 

 舞い散る雪も春には解け出して

 何処かへと流れてゆくのだろう

 幾つも淡い季節が過ぎようと

 僕は此処でずっと歌い続けよう

 

 真っ赤に燃えた戦火の灰になる

 この都市の記憶を守りゆく

 去り往く風の匂いに紛れて

 君が忘れ去ってしまわないように

 

 君は憶えていてくれるのだろうか

夜空の舟

夜空を一艘の舟が渡る

街明りも消えるころ

 

 「おやすみなさい」

 君がそう言って

 一つの今日が終わっていく

 

 良い夢を見て

 幸せな夢を

 明日がちゃんと来るように

 

囁く星屑の声の水面

祈りのようにゆらゆらと

 

 「おやすみなさい」

 僕もそう言って

 一つの今日が過去となった

 

 瞳を閉じて

 静かなる闇の

 眠りの中へ落ちていく

 

一日一日重ねる時が

鼓動の刻む歳月が

君の命となっていく

君の証になっていくから

白い花の秘密基地

あれはいつの事だったか

「秘密基地を作ろう」と

言い出したのは君だったかな

緑の眩しい季節だった

 

ずっと一緒にいようね、と

あの日約束したこと

今でも覚えているよ

覚えているのに

 

 白い花びらが高い空から

 降り注ぐあの場所に

 気付けば僕たちはもう行けない

 記憶の彼方に流されて

 

時間はいずれ終わること

そんなことも知らないで

まだ幼かった僕たち二人

ずっと続くと信じていた

 

 明日への期待を抱きながら

 過ごしていたあの場所に

 作った秘密基地はもうないんだ

 そんな小さな昔話

 

戻って来ない優しい日々を

瞼の裏に描いて

揺れる君の影が温かい

この思い出を抱えながら

 

 白い花びらが高い空から

 降り注ぐあの場所に

 気付けば僕たちはもう行けない

 記憶の彼方に流されて

 

 そんな小さな昔話

 ただの小さな昔話

くらげのなきがら

君が居なくなって

どれだけ経っただろう

君の声も思い出せないや

 

今日も海原の

潮は満ちては引いて

君だけが居ない世界

 

 君の愛も夢も

 残された言葉も

 その記憶さえも零れ落ちて

 

 いつしか誰しもが

 なくなるということ

 定められていることであるのに

 

 「ね、どうして終わりはある?」

 そう問うた僕の想いも

 泡になって消えていくよ

 水に溶けた死んだくらげのように

 

君が居なくても

月日は流れていく

ひとりきりも慣れてしまったな

 

空を渡りゆく

月も満ちては欠けて

また光る夏が来るの

 

 君の歌う歌も

 繋いだ指先も

 その時間さえも過ぎたことで

 

 いつしか君だって

 何処かへ消えること

 知り尽くしていたことであるのに

 

 「ね、どうして置いていくの?」

 そう問うた僕の痛みも

 泡になって消えていくよ

 水に溶けた死んだくらげのように

生体リズムの海

赤く燃え落ちた言葉が

青い冷静の谷で

滲んで溶けだしたら

ひとつ海が生まれた

 

寝静まっている水底

忘れていった過去に

捕らわれ続けている

胸は沈んだ

 

身体に刻まれた波に揺られている

私は一体誰であるの

 

孤独な魂に宿る衝動の歌

私は貴方になれやしないの

 

憧れと嫉妬

何処にも行けない

冷めた風の音

私は私で

 

繰り返すリズム

うねる感情と

この傷跡をも

抱えていくしか

ないの

 

泳ぐ泡沫は透明

暗く幻想が過る

砕けた影法師に

残る自我を捜して

 

固く揺るがない証を

見つけられないままでも

揺蕩い溺れるように

日々は続いた

動画

niconico 

youtube 

 

イラスト

pixiv

 

イベントCD通販

BOOTH

 

mp3など

Mqube

blog:Lobelia*

 

twitter:@akari_A_18

       (Twilog

 

akari-Aのほしいものリスト

送っていただけると創作がはかどる品物リストです。

参加サークル

ihatovo

音楽・絵画総合創作サークル。

参加しています。

website

Twitter

 

デフォ・コンチェルト

website

 

「デフォ・コンチェルト」

utau音源、デフォ子のコンピレーションCD

XFD-niconico

9曲目に書き下ろし楽曲「静寂の歌声」が収録されています。

 

「デフォ・コンチェルト -the second movement-」

デフォ・コンチェルト第二弾です。「柱時計の回廊」が収録されています。

 

「デフォ・コンチェルト -the third movement-」

デフォ・コンチェルト最終章です。「箱庭の旅人」が収録されています。

since 2011.7.8

 

share...